スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ 遊星歯車を利用したフォーク式GBCモジュールをつくりました 

フォーク式のGBCモジュールをつくりました。
特徴は遊星歯車を利用し、フォークが自転と公転を組み合わせた独特な動きをするところです。



DSCN6911.jpg

DSCN6923.jpg

フォークの動きに遊星歯車を利用する利点は、ボールのすくい上げと離すことが自然にできるところにあります。2つある40歯ギアがフォークの自転する動力を伝えています。


DSCN6918.jpg

カウンターウエイトを動かすのに新型の28歯小型ターンテーブルが役立ちました。大型ターンテーブルの半分の歯数なので、フォークの公転の二倍の速度で動きます。


DSCN6925.jpg

出力の高低差を埋めるためのレールです。

このモジュールは簡単そうに見えて調整が難しいタイプで、ボールを確実に4つだけすくうための調整に時間がかかりました。

スポンサーサイト

コメント

おぉぉぉお
これは良いですね.美しい.
流石です!!

これは凄い!こんな動き初めて見た。
ここまで作れる頭脳がうらやましい・・

>カツマタさん
ありがとうございます。今回は美しくなるまで動画を上げるのをねばったのでうれしいです。

>hiroさん
ありがとうございます。
この動きは産業用機械からインスピレーションを受けてます。

初めまして、辰年生まれのベスと申します。
いつも作品を拝見させて頂いております。
ところで新型のターンテーブルはどのセットに入っているのでしょうか?

>ベスさん
ブログを見ていただきありがとうございます。

BrickLinkによると、新型ターンテーブルは#9391,#9396,#9397に一つずつ入っているようです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://legokarakuri.blog91.fc2.com/tb.php/46-8e0a5280

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。