レゴ 玉入れ型のGBCモジュールを作りました 

ボール発射型のGBCモジュールに挑戦してみました。

ボール発射というと、以前バネ内臓フィグによるボールの自動発射を作ったけれど、あれはGBCで使うにはあまりに不安定なので使えませんでした。
今回はとにかく安定した発射機構を目指しました。
バスケットゴールに入ったボールだけが次のモジュールに行けるというシビアな仕様になっています。
発射地点を3箇所作ってボールの処理速度を確保しました。

gbc_shooter.jpg



がんばった点
・コントロールパネルで、3箇所のボール発射機の威力と方向を稼働中に自由に設定できる
・ボールの弾道に再現性がある
・モーターはPF Mモーター1個だけ
・モーターのパワーを変えても、ボールの威力は変わらない
・床下に埋め込めるように厚みの薄い発射機構

稼動部分が多いため内部構造は結構複雑です。複雑というよりぐちゃぐちゃです。内部構造はいつかアップしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コントロールが凄いですね。
経験して初めてGBCの難しさが判ってきました(泣

>ももんがさん
コントロール部分を頑張ったのでうれしいです。
確かにGBCを安定して動かすのは難しいですね。
未だに玉こぼしをよくします。

前々から気になっていたのですが、
黒と黄色で数字の付いた
スイッチみたいなのって何ですか?
また、ドコで手に入りますか?

>のぶさん
#4548スピードレギュレーターという電源装置です。(本体#2868b)少し前のレゴトレインで使われていました。入手はオークションかBricklinkでないと難しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://legokarakuri.blog91.fc2.com/tb.php/38-0d4c81ce