スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ カップ受け渡し型のGBCモジュール 

ライトの反射板のパーツに玉がピッタリはまることを利用してボールの運搬装置を作りました。
カップからカップへと玉が受け渡されていきます。



cup1.jpg

cup3.jpg cup6.jpg cup4.jpg cup7.jpg


決められたタイミングで初めのカップに玉を渡すために、今回もスパイラルリフトと組み合わせました。
スパイラルリフトはバッファとしてかなり優秀です。
スパイラルリフトは1回転での玉の運ぶ数が4つの簡単なタイプです。6分割タイプよりも作りやすいですが、安定感が無くてボールの処理能力が低いです。

駆動系は適当に作りました。
ギア比は前半のスパイラルリフトが16:1、後半のカップ受け渡し部分が4:1です。

カップ受け渡し部分は見ていて動きが危なっかしかったので、一応帰還用のレールを作りましたが、意外と玉がこぼれないので必要ないかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

反射板とかボールとか、どこで買うんですか?デジラ?

>Jackal82さん

反射板とボールはbricklinkで買いました。
昔はデジラさんでもボールが売ってましたけど最近はあまり売ってないです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://legokarakuri.blog91.fc2.com/tb.php/23-02765b37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。