スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ ボールクリーナーBC-T70を作りました。 



IMG_0655.jpg IMG_0676.jpg

IMG_0673.jpg IMG_0696.jpg


ボールを磨く機能を持ったGBCモジュールです。
GBCを長い時間駆動していると、なぜかボールが黒く汚れてきます。
汚れてくるとボールの摩擦が大きくなってGBCモジュールの動作に支障をきたすことがあります。(具体的にはバスケットゴールに詰まるなど)
それを解決するために作りました。動画で使っているボールは2013年のニコニコ超会議2での15時間展示で使ったものです。

コントローラに初めてEV3を使いましたが、特にEV3ならではのことはしていません。
サーボとエアシリンダ駆動です。毎分70個ボールを処理できます。
布も純正部品で作ってあります。
制作時間は60時間です。

作るときはGBCモジュールの規格を満たし、ボールを確実にきれいにできることを目標に作りました。
もっといい磨き方がある感じがしますが、ボールを掴む部分をゴムにすると逆にボールが汚れたりしそうなので、ちょっとずつですが確実に綺麗にできるこの仕組みにしました。ボールのごく一部しか綺麗にできないですがそこは妥協しました。

エアーは外部供給しています。レゴでコンプレッサを作ることも考えましたが、これだけのエアーを供給しようとすると、XLモーター10個とかそういうレベルのパワーが必要になりそうなのでやめました。レゴのエアシリンダは反応速度に個体差があるので反応が早いものだけの選別して使っています。赤いつまみで圧力の上限を設定できます。

このモジュールの嫌いなところは、動作音がうるさいことです。
EV3 LargeモーターはうるさいNXTのうるさいモーターよりさらにうるさい感じがします。
その点EV3 Mediumモーターは静かで良いです。バックラッシもLargeモーターに比べるとマシです。

FC2 Management

レゴ GBC 螺旋階段モジュール 



IMG_0569.jpg

IMG_0555.jpg IMG_0580.jpg IMG_0598.jpg

去年作った螺旋階段モジュールです。黒い芯を上下させてボールを運んでいます。スムーズに動くように外枠と芯の間に半ポッチの隙間を開けてあるのが工夫した点です。
出力ループから玉が時々こぼれたので、今ではスペーサーの指輪ををタレポッチに替えてあります。

つくばレゴサークル主催のレゴ会に参加してきました。 

忙しくてブログの更新が遅れました。
つくばレゴサークル主催の第二回レゴ会に参加してきました。今回はGBCがお題でした。

参加された皆さんお疲れ様でした。
幹事のmatkさんお疲れ様でした。大きい荷物を運んでもらったりホテルまで送ってもらったり、大変お世話になりました。やったらんさんに車でピックアップしていただけたおかげで会場に最速で着くことができました。Ericさんにも車に乗せてもらってお世話になりました。カツマタさんには初サインをさせていただきました。

公式動画です。上手い編集はやったらんさんです。動画のアップロードをわざわざ私に譲ってくださりありがとうございました。



非常に皆さんのGBCモジュールの出来が良く、モジュールの故障や玉こぼしが少なかったです。一発でボールが周回するとは正直思っていませんでした(失礼)。目新しい機構も多かったです。自分のモジュールがトラブルメーカーでした。輸送中の破損が思ったよりひどかったというのが原因だと思いますが(言い訳)
GBCを他の方とつなげるというのは、ずっとやってみたかった事でしたので、このような機会を準備してくださったことに感謝です。

五十川さんにも初めてお会いました。オムニホイール車(オムニホイールの組み方が完璧)とかわいいパタパタを持って来られました。

夕食会でもレゴ話が盛り上がってすごく楽しかったです。今まで対面してレゴの濃い話をしてことがなかったので新鮮な体験でした。非常に優しい方々ばかりで楽しかったです。

またこういうイベントがありましたら、是非参加してみたいです。



話が変わりますが、2ヶ月ほど前レゴ社から取材を受けました。Blocumentaryというレゴ社がAFOLを取材している動画のシリーズです。ちょっと恥ずかしいのですが、リンクです。
http://youtu.be/1CKQ-7l4suU

レゴ ボール反応型GBCモジュール 



IMG_0406.jpg

IMG_0427.jpg IMG_0421.jpg IMG_0438.jpg

ボールが来た時だけアームが動く仕掛けになっています。ボールがくぼみに入ると、ピストンを往復させる力が逃げ場を失いアームを持ち上げる仕組みです。

以前から作りたかったタイプのGBCモジュールなんですが、アームが上がった時にボールを離す仕組み、アームが元の位置に戻る仕組み、次のボールをせき止めるストッパーの仕組み、をどうするかということに悩み、それを解決するのに時間がかかりました。ストッパーの動きは1/4円カムを使ってうまいことできて嬉しかったです。アームとストッパーの間にボールが挟まってしまう問題を解決するのに苦労しました。

最初は各レーンの間に仕切りがなかったのですが、ストッパーがうまく動かず、今のような形になりました。仕切りがないほうがボールが自由に動いて面白いのですが諦めました。前回製作過程の動画に好評をいただいたので、今回も後半に付けてみました。

レゴ会のお知らせ・進捗報告 

11月30日につくばレゴサークルさん主催でレゴ会が開催されます。
なんと、お題は「GBCモジュールをつなげよう!」です。

↓詳細はこちら
http://tsukubalego.blog102.fc2.com/blog-entry-125.html

遠いですが、なかなか無い貴重な機会なので自分も参加する予定です。
一度も他人とGBCをつなげたことがないので楽しみにしています。
オフ会には小~中型のモジュールを5個くらい持っていけたらと思います。

見学だけでもOKということなので、興味がある方はぜひ参加してください。



この数ヶ月の進捗について

IMG_0367m.jpg

左:螺旋階段モジュール。メイン部分は目処がついていて、あと入力・出力部とフレームだけですが気長に作ろうと思います。

真ん中:ボールに反応するメカニズムを搭載したモジュール。完成していて耐久テストも済んでいますが、動画を撮る時間が取れないので公開は先になりそうです。

右:shooterV2。基礎板レス構造になって、細かい改良か加えられています。これはオフ会に持って行こうと思います。

・いつもモジュールの接続が不安定だったので、全てのモジュールのインターフェースを変更して統一しました。
高さ10ブロック、内寸8×8ポッチの箱にボールを投入するというGBCのルールはそのままで、

・接続方向を3方向から選べる
・簡単なロック機能
・ボールがこぼれない
・シンプル

という特長があります。
いつか詳細を書こうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。